赤ちゃんの洗濯洗剤【かわいいベビーの肌を守ろう!】

赤ちゃんの肌を守る

赤ちゃん

皮膚が薄くバリア機能も弱い赤ちゃんの肌は、大人の女性よりも様々な肌トラブルを引き起こしやすくなっています。とくに乳児湿疹はすべての赤ちゃんに見られる肌トラブルと言っても過言ではないでしょう。乳児湿疹とは新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、せも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる湿疹など、乳児に起こる湿疹の総称です。
赤ちゃんの肌は新陳代謝がとても活発です。お母さんからもらった女性ホルモンにより生まれてからの約3ヶ月間は皮脂の分泌が多くなります。毛穴が小さく皮脂の分泌が多いと、皮脂が毛穴に詰まってしまい新生児にきびや乳児脂漏性湿疹などの乳児湿疹が起こりやすくなるのです。生後3ヶ月以降は皮脂の分泌が落ち着きますが、皮脂の分泌が減ってしまうと赤ちゃんの肌は乾燥に耐え切れず乳児湿疹を引き起こしてしまいます。皮脂の分泌量が多い、乾燥などが乳児湿疹の主な原因とされています。その中でも乾燥は乳児湿疹を引き起こす大きな原因です。赤ちゃんの肌はつるつるスベスベで水分量が多いと思われがちですが、水分を保持する機能が弱いため、肌の水分がどんどん失われていくのです。乳児湿疹の大きな原因である乾燥対策には、ベビーローションなどで保湿をこまめにすると良いです。乳児湿疹の原因の1つである皮脂の分泌量が多い時は、清潔を保つことが大切です。皮脂によって肌の表面に雑菌がつきやすくなっているため、汗をかいたらガーゼなどでやさしく拭いてあげると良いです。このように乳児湿疹の原因と対策をしっかりと把握して赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。